より安く法人向けパソコンを購入するには?

業務ごとにスペックを決めて購入する

オフィスで仕事をするとき、パソコンは必須アイテムと言えるでしょう。入社したての社員だけでなく、ソフトの開発をする人、そして役員や社長などもパソコンを使います。オフィスでは法人向けパソコンを導入しますが、できるだけ安く購入するにはどうすればよいかです。パソコンはスペックごとに価格が決められています。高速CPUが搭載されていれば高く、通常のCPU搭載なら安めになります。メモリの搭載量でも異なりますし、ハードディスクの容量でも異なります。そこで業務ごとに必要なスペックを決めておき、それに合わせて購入するようにします。全員同じなどにすると不要な機能などが無駄になります。業務を差別化して、それに合うパソコンを購入します。

メーカーや購入先を絞って集中的に購入

業務用の機械やソフトなどを導入するとき、通常は複数メーカーを比較してその中から選びます。これまで使っていた業者が今も安いとは限らないので、新たに購入するときにその都度比較をした方が良いからです。では法人向けパソコンを安く購入するにはどうすればいいかです。大きな機械やソフトだと単価も大きく、頻度もあまりありません。でもパソコンは一台当たりの単価が小さく購入頻度が多くなります。将来的には適度に比較も必要ですが、一定期間はメーカーや販売代理店を固定すると良いかもしれません。継続購入による割引が受けられたりするときもあります。メーカーが変わると余計なコストがかかる可能性がありますが、同じメーカーならその心配もありません。